ついに買ったハイパーライトマウンテンギア 2400 Windrider

f:id:koujirou6218:20181104010345j:plain

購入してから2ヶ月近く経つのですが時間がなくて未レビューでした。

Hyperlite Mountain gear(HMG)はアメリカ発祥のULザックで特徴的なのが白く輝く生地で山でよく目立つので知っている人も多くいると思います。

特徴

  • 軽量(800g)
  • 防水
  • ロールアップ
  • アルミフレーム

生地

HMGの素材はキューベンファイバーとポリエステルのハイブリッドになっており通常のキューベンファイバーよりも堅く丈夫な生地になっています。

使っていくうちにしなやかな生地になっていきますがキューベンファイバーだけのようにペラペラとした感じにはならずバリッといった感じです。

f:id:koujirou6218:20181112015459j:plain

背負い心地

フレームはアルミステーで軽量化されており、10kgを超える荷物を持っても背中にビッチリ当たる感じで剛性を感じさせる作りでかなり安心感は高いです。

ショルダー部分はダイニーマを使うことでひっぱりに対する強度を上げており細部に強度と軽さのバランスを保つように作り込んだでいるのがよくわかります。

テント泊の縦走には十分な性能で強度も申し分ないでしょう。

f:id:koujirou6218:20181119232926j:plain

収納性能

ロールアップ式はお世辞にもアクセスのしやすい収納方式ではないですが、そこは全面のメッシュポケット(ダイニーマモデルもある)にすることで必要な物のアクセスの効率を上げています。

左右には500mlのペットボトルが2本は余裕で入るスペースがあり、ザック内部にはハイドレーションのスペースもあります。

ロールアップの最大のメリットは容量に応じてザックを圧縮できるので安定性が高いです。空のザックで長時間歩くと体が振られるので疲れが違います。

腰ベルト部分は通常のザック同様に小物入れが両方についているのがUL系では少し珍しいかなという感じです。こちらの小物入れも止水ファスナーになっているので水可染み込みにくいようになっています。

あと、全面に未使用のバックルがついているのでアイゼンケースやヘルメットをぶら下げる拡張性もあります。

サイズ感

SとMとしかないので幅は広くないですが165以上の方はM、それ以下はSぐらいのざっくりした感じでしか調整はできません。

どこで手に入るのか

HMGは取扱店舗が少ないので手に入れるのに苦労します。

created by Rinker
HYPERLITE MOUNTAIN GEAR(ハイパーライトマウンテンギア)
¥41,800 (2020/09/29 22:09:23時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
HYPERLITE MOUNTAIN GEAR(ハイパーライトマウンテンギア)
¥63,800 (2020/09/29 22:27:20時点 Amazon調べ-詳細)